SSブログ

VIFAM 第33話 [☆銀河漂流バイファム☆]

燃料ギリギリでやっとジェイナスと合流出来たロディ達


バイファム第33話では更なる物語の転機を迎えます。


上空から見下ろしたジェイナス号は大気圏突入と

無理な軟着陸でボロボロな姿になってました。


でも、皆は無事!

ロディとカチュアは二人仲良くお手手繋いで

皆のトコロへf^^;

フレッドは感極まっちゃって兄の胸に飛び込み

号泣ですよ、可愛いなぁ♡

そんな兄弟ロディとフレッドを茶化すバーツは

空気読めるいい親友ですっ!


この後は、ロディはスコット達と、ケンツは私用、

カチュアはやっぱり女の子でそれぞれの行動が描写されます。

いつも思うんだけどバイファムはこういう演出が上手い!


ロディ達は散々敵に追い詰められて大変だったけど

スコット達もずっと大変苦労してた事も判りました。


ロディ達の無事を信じてジェイナスを死守するべく

動いていた事。

そして敵の狙いはやはり「例の遺跡」である事。


「君達と会ったらすぐにここを発つ準備をしてたんだ」

とスコット。

そして明朝にはここを離れる計画を聞きロディは

大急ぎで『即席プロテクター』の作成に取り掛かります。

ロディは『あいつ』が装備していた「盾」がこれからの

戦闘に絶対必要だと身をもって実感してたのね。

見るも無残な姿になってるジェイナス号の装甲をくり抜いて

それは造られました。

(ジェイナス号の形見みたいだなぁとか思ったり)


そんなロディは、兄貴の側にいられてウキウキのフレッドを

「向こうに行ってやれ」と追いやっちゃうんだもの、

つれない兄貴で弟はひがんじゃったf^^;


敵の狙いが『例の遺跡』である事は敵側の描写もあったので

ダブルで理解出来ましたが、ここで敵の少佐が半分地球人と

言う情報もぶっこまれてきましたよ、

否いらんがな、そんな情報今はまだ必要ないだろ、

もっとちゃんと子供達を映してよ><;

(と思った自分です)


そいでもってたまたま敵機が通り掛かりついでに

即席プロテクターの試用がなされました。


「シャロン!砲座だ!」

ロディとバーツの援護に回るケンツは中々出来る

男の子に成長してるのがよく分かります^^


敵機を難なく退いてパーティーが始まりました。

バイファムが本放映していたこの時代はまだまだ

大らかでしたので未成年の飲酒の描写は無罪放免、

皆してドンチャン騒ぎしてジェイナス号との最後の夜を

過ごしました...。


早朝、日の出と共に別れの時間。


ジェイナス号のコンピューターボギーはスコット達に言います

「皆さんの楽しい旅行の無事を祈ってます」


....旅行じゃないっのにっT0T


「ありがとう!!!ボギー!!!」と叫ぶ13人

6A12C77B-2C61-4F39-B614-C65C65808DF5.jpeg


朝の光の中、ボロボロになってしまったジェイナス号、

離れて行く13人の姿、そして盛り上がるBGMに

またしても涙腺崩壊しました...!!!

6DAB47AA-9287-44AE-A73A-6FBA387CF649.jpeg

ジェイナス号で繰り広げられた13人の

ドタバタわやくちゃ生活を

私は決して忘れませんっ!T0T

(どうしてこうもバイファムは泣かせに来るかなぁ!?)


続く


共通テーマ:アニメ