SSブログ

VIFAM 第34話 [☆銀河漂流バイファム☆]

さて第34話です!

子供達がジェイナス号から離れたその日の夜。


深夜寝静まった静寂を破り、取り残されたジェイナス号が

敵の激しい急襲を受けます。

歌詞これも全て英語のミューラーのテーマソングが

バッチリキマっててドキドキしました。

(ここで例の敵さんジェイナスのコンピューターボギーに

丁寧に自己紹介しますf^^;)

今朝まで子供達がいた場所がめちゃくちゃに荒らされるシーンは

悲しいし恐ろしいTT

2B36041C-C4C2-4379-A4B1-5831A9C8BA14.jpeg

0E91F088-34F9-4E31-86D6-0A02767850C9.jpeg


ボギーからの秘密の暗号を受け取ったスコットは

急いでバーツとロディに知らせます。

「出発が後一日遅れていたら!?」

と思ってたらちゃんとロディ達も同じ事言ってくれて

「スコット、君の判断は正しかったワケだ!」

スコットをベタ褒めするバーツとロディ^^;


この回では沢山の新規情報は入り込んできます。

敵が『例の遺跡』を追跡する為に新しい×点型の

空挺を投入、そしてそれに潜り込んでやってきたと

思われる4人の子供達、軍の目を盗み反撃の機会を

模索していたジェダさん達。

ここでジェダさんと共にいたサライダ博士の声が

まだ一定してなかったのが残念でしたが

もしかしてこの時レギュラー入りする予定がまだ

無かったのかな?と思ったりf^^;


前話でロディとカチュアがイイ感じになりましたが

この回ではバーツとマキが出来上がります^^

「あたしおうちに帰りたい」

バーツに甘えて思わず泣き出すマキ、

それからバーツの過去語り。

(バーツの新しいお母さんの部屋に飾られてた絵画が

バイストンウェルで目が醒めたwww)


ちょっとここで勝手な自分解釈ですが、

バーツの新しいお母さんが、身籠っていた新しい命より

バーツの命を選んだ下り、私はこのお母さんは

バーツの本当のママと知り合いか懇意にしてたのではないかと。

亡き友人(?)が遺したバーツが不憫で心配で堪らなくて

バーツのお父さんと仲良くなり再婚という流れでは?

でなければここまでしないと思うのですよ。


男の子は母親に似るといいますからね。


バーツには生きていて欲しかった新しいお母さんの想いが

ヤンチャに走ったバーツの心に刺さってる、

ククトニアン軍に捕虜にされてる両親を何としても助けだして

再会して「お母さん」って呼びたい、いやぁマキじゃなくても

泣けますわT□T

だってっ新しいお母さんがいなければ今ここでバーツと

出会えなかったんですからね!!!


こんなシンミリした後に敵に襲われますが、

既にエースパイロットになってるロディが

あっという間に蹴散らしてくれました、凄過ぎっΣ@@;

(例の空挺と4機体が相手ですよ!!!)

FF16A09B-9050-475C-843E-196E1C5C8D82.jpeg


ジェイナスから離れた事で子供達それぞれの描写に

ますます磨きがかかってきたバイファムでした。


次回のタイトルが「ケンツを助けろ!」

って単刀直入でしたからねっ! 

展開がどんどん早くなってる気がします!

追記:車の運転させて貰えなかったシャロンの

 伏線回収は後日ありますのでその件覚えて

 おくように!


共通テーマ:アニメ